POP3/IMAP から Office 365 へのデータ移行

POP3/IMAP から Exchange Online への

予測可能でシームレスなクラウド データ移行の自動化

POP3/IMAP から Office 365 へのデータ移行では、SkyKick サーバー間同期プロセスと SkyKick Outlook アシスタント (SKOA) が連動して、サーバー側とクライアント側の両方のデータ (連絡先、予定表、電子メール分類など) の移行が行われます。サーバー側データだけにフォーカスしたデータ移行ツールでは、POP3 および IMAP 電子メール環境のクライアントにしか保存されていない貴重な情報が失われてしまいます。SkyKick Migration Suite では、データの保存場所に関係なく、データ移行全体を自動化されるので、クライアント側のデータ、設定、およびプロファイルを手動で移行する必要がなくなり、顧客を Office 365 に移行する際の懸念が排除されます。

[icitspot id="`{`icitspot id=``171```}`"]

移行できる項目

実質的にあらゆるオンプレまたはホスト型 POP3/IMAP/Exchange 電子メール システムからのデータ移行を可能にする SkyKick

Migration Suite: SMB および Enterpise – データのみの移行との比較

[icitspot id="`{`icitspot id=``167```}`"]
  • Small Business Server v2003 ~ 2013。Exchange 2003 ~ 2013。
  • SkyKick Exchange Assistant を使用するには、Exchange 2010 が移行対象のドメインにインストールされている必要があります。
  • SkyKick では、データ移行時に DirSync 統合が使用されません。ビジネスの目的で DirSync を恒久的に構成する必要がある場合は、SkyKick 移行注文を最終化する前に DirSync をセットアップすることをお勧めします。Kerio、GroupWise、または Zimbra からのデータ移行は、ケースごとにサポートされます。
migration suites title

Office 365 データ移行プラットフォームの詳細

[icitspot id="`{`icitspot id=``53```}`"]
Copy link
Powered by Social Snap