Cloud Manager

無償評価版

クラウドの顧客の効率的な管理

ユーザーの管理

従業員の追加または削除、パスワード リセットの管理、および複数の SaaS プロバイダーにわたるユーザー アクセスの制御を 1 つのダッシュボードから行うことができます。

詳細を表示

user dashboard screenshot
ユーザーの作成、除外、更新、および削除

従業員のクラウド アクセスと属性を容易に管理できます。製品または機能へのアクセス、ライセンス、配布グループ、セキュリティ グループ、アクセス権、およびその他の主要な属性を追加、変更、または削除することが可能です。すべての操作は、単一の一環したインターフェイスから行うことができます。

パスワードのリセット

パスワードのリセットは最も頻繁に要請されるサポート項目です。SkyKick Cloud Manager では中央のダッシュボードから複数のプロバイダーのパスワードを容易にリセットできるので、このタスクをシンプルにすることができます。パスワードをリセットするためのアカウントやリンクを探し回る必要はありません。

ユーザーの割り当て

ユーザーを特定のグループに割り当てることができるので、グループに割り当てられているアクセス権および権限を自動的に適用できます。この機能を使用すると、新規ユーザーを組織に容易に追加できます。ユーザーはテンプレートに割り当てられているライセンスを継承するので、ライセンスの配布も容易に行うことができます。

marketing department template

グループの管理

テンプレートを使用してユーザーのグループを管理できます。チームまたはユーザーのプロバイダー、ライセンス、配布グループなどの属性をシングル クリックで変更できます。

テンプレートは、SaaS プロバイダーに関するアクセス権、ライセンス、およびメンバーシップ設定の定義済みコレクションです (テンプレートは複数の SaaS プロバイダーをサポートします)。

詳細を表示

ユーザー

グループ テンプレートを使用してユーザーのグループを容易に管理できます。テンプレートに追加したユーザーは、そのテンプレートのすべての属性を継承し、テンプレート レベルで行われた更新はグループ内のすべてのユーザーに適用されるので、顧客のポリシー、ライセンス、およびビジネス ニーズの変化にすばやく対応できます。

ライセンス

使用可能なライセンスを個々のユーザーではなく、ユーザーのグループに配布できます。複数のユーザー グループのライセンスを管理できるので時間を大幅に節約できるだけでなく、新規ユーザーをセットアップする際でもライセンス管理を正確に行うことができます。

プロバイダー

SaaS プロバイダーとアプリケーションを特定のユーザー グループに配布できます。単一のポリシーをすべてのユーザーに適用するのではなく、アプリケーションの使用を許可するグループ (人事、マーケティング、セールス、キオスク ワーカーなど) を選択することが可能です。

テンプレートの自動作成

代表的なユーザーの属性をクローンして新しいテンプレートを作成し、複数のユーザーに適用できます。

プロバイダーの管理

直観的なインターフェイスを使用して、Office 365 や Dropbox など、顧客が使用するクラウド アプリを容易に追加、構成、および管理できます (サポートされるクラウド アプリは順次追加される予定です)。

詳細を表示

management providers
プロバイダーの追加と削除

単一のコマンド センターから顧客の組織全体にわたって Office 365 および Dropbox アカウントの追加、構成、および管理を行うことができるので、顧客の組織の従業員が入社および退社した際のユーザー管理が容易になります。さらに、プロバイダーも順次追加される予定なので、このワンステップの処理をクラウドのすべての管理に活用できます。

ユーザー、グループ、およびライセンスの自動探索

SkyKick Cloud Manager は、顧客のネットワーク上に存在する SaaS プロバイダーを自動検出し、ユーザー、グループ、およびライセンスを適切なプロバイダーに自動的に割り当てます。

プロバイダー設定の管理

アクセスを許可するプロバイダーおよびユーザーを指定するアクセス権とルールを設定できます。アクセス権はユーザー レベルまたはグループ レベルで設定できます。ユーザーが使用できる機能とライセンスを制御することも可能です。

[icitspot id="`{`icitspot id=``53```}`"]
Copy link
Powered by Social Snap